こんなに美味しかったのか、オーガニックワイン!

昨日は以前からずっと気になっていたオーガニックワインの試飲(という名の偵察)にいく。
ビオロジック、今でこそ流行っているけど正直、コクがない、風味がない、美味しいイメージないんですよね、
でも、そもそもビオの定義も分からず否定したくないので、これぞオーガニックと言えるお店(まだヒミツ)に行ってみました。
白はフランス ラングドック地方のシャルドネ。沢山の種類が飲めない試飲では土壌の特徴がよく反映されるシャルドネを選ぶようにしています。頂いてみると、シャルドネ特有の爽やか~軽やか~ではないしっかりとした厚みとコクがあり驚きです!
この風味、地中海に近いラングドックならではでしょうか。
赤はフランス ラングドック地方のカイロル メルローとカベルネソーヴィニヨン。
これはスゴい!スゴいぞ!
久しぶりにおっ!と思わせてくれた作品です。一口目の印象はかなり渋みを感じさせタンニンの主張がありました。二口目は土の香り、スパイシーな味わい。まさに自然を感じるワインです。少し時間がたつと渋みはまろやかなミネラルに変わりますが、パンチのあるスパイシー感は続きます。
なんと、こちらの赤は二酸化硫黄無添加!清澄、ろ過を行わず、古代製法なんですって。
オーガニックワイン、一つ確かに言えるのは作り手が時間と手間をかけて丁寧に作られている。そこから感じる味わいは普通製法より土壌の味そのものが感じられる。土の味、自然の味、地球の味とでも言うのでしょうか。だとしたら、その土地や年代による違いも強く反映して飲み手は楽しめますね。
って、あれ?私のオーガニックワインに対するイメージが、覆された日でした!